愛犬と楽しい生活を

たった10年20年という長くも短い一生を私達の隣で過ごしてくれる大切なパートナーへ

カナガンがランキング1位だからといって良いとは限らない

どこのドッグフードランキングを見ても殆どのサイトが
カナガンが1位

という結果になっていたので、
どれだけ良いフードなのか。
デメリットや注意点等はないのか。
向き不向きはないのか。


調べさせてもらいました。

結論は確かにカナガンは悪いものではありません。製品自体は良いものですし、試してみる価値はあると思います。


ただ、どこを見ても良い事ばかり書いていて不安になる方も多いと思います。(私も不安になりました)

実際に食べない子もいるので、100%のわんちゃんが食べたというのは言い過ぎだと思います。



カナガンはいい製品だと先ほど書かせてもらいましたが、それを考慮した上で伝えたい事があります。

それは


ランキング1位だからといって、自分の愛犬にそれが合っているとは限らないということです。


例えば、この化粧品がランキング1位です!と言われたら人気なのは分かるし、それ程多くの人が購入しているんだということは想像できますが、そもそも肌質にもよって合う合わないがあるのと同じで、ドッグフードにも同じことが言えます(例えが上手くできなくてすみません)

1位というと無条件に試してみようかなぁという気になるとは思うのですが

ちょっと待って下さい

確かに試してみることはいいと思います。
試してみないととわからない事もあると思いますが、ドッグフードで売れてる商品ランキングNo.1でもNo.2でも、そもそもランキングに載っていないフードだとしても

その子に合わせたドッグフードを選んであげることが一番大切です。





>>『カナガン』の公式サイトはこちら

まずは気になるデメリットや注意点から順に書かせてもらいます。

カナガンは、良質なチキンを使った高たんぱく質ドッグフードになっております。

特に動物性タンパク質は、犬にとって健康的で良いドッグフードとなりますが、犬や超小型犬など身体が小さい子からするとカロリーが高すぎる場合もあります。


また、グレインフリー(穀物不使用)にこだわり、穀物の代わりにさつまいもを使用しているので、腸内環境が良くなりすぎて下痢気味になってしまうこともあります。
そうなると必然的に腸内に負担がかかってきてしまいます。

最初にも書きましたが、メリットしかないドッグフードはありません。良すぎるドッグフードが逆にデメリットとなることもあります。

中には気に入らずに食べてくれない子もいるようです。基本的に餌を切り替える時は今食べているドッグフードに少しずつ混ぜていってあげると食べてくれるようになるのですが、こればかりはその子の好みによるのでわかりません。


急に切り替えてしまうと警戒心から食べてくれないということはよく聞く話でもありますが
上記に書いている内容は、こういう事もあるかもしれないよ。程度に頭に入れておいていただければと思います。

ここからはカナガンのメリットについてです。
何故こんなにも評価されているのか。

まず、犬は人間の4倍以上のタンパク質を必要としており、犬が生きていく上で非常に大切なタンパク質が不足してしまうと皮膚の感染症や慢性の下痢などになってしまうこともあります。

また、動物の毛もタンパク質で出来ているので、毛の質も悪くなります。


なので高タンパク質ドッグフードのカナガンの口コミ等を見ていると



・毛質が良くなった
・毛の量が増えた
・皮膚病が改善された
・便の調子が良くなった



等という声をよく見ます。


そして、カナガンは穀物を使用していないということですが、穀物は多くの糖分を含みます。
がん予防には糖分控えめタンパク質高めの食事が良いとされているのでカナガンはがん予防にもなると言えます。

他にも尿路結石症の予防に必要なビタミンも豊富に含まれていたり、関節にいいとされるグルコサミンコンドロイチンなども含まれているので、これらの予防のためにと愛用している方もいるようです。




毎日食べるものだから、しっかり健康サポートをしてくれるのはもちろん、愛犬の喜ぶ美味しいフードを与えてあげたいですよね。
ランキングに惑わされずに色々試したり考えたりしながら愛犬にピッタリのドッグフードを与えてあげてください。


最後にカナガンは人工添加物を使用していないからこそ酸化しやすいとも言えます。


封を開けた後は大体1ヶ月くらいで食べきれるようにすることを意識してください


>>『カナガン』の公式サイトはこちら


ランキングは参考程度に見るのならば問題ありませんが、たまにランキングそのまま鵜呑みにしてしまう方がいるのも事実です。
見ているサイトのランキングが正しいとは限りません。
合わなかった場合期待していた分がっかり感も大きいので、やはりデメリットを知ることも大切なことだと思います。